industory

25日 講演者 | 25th LECTURER

佐藤 隆之

1999年からポストプロダクション:イメージスタジオ109やWEBデザインプロダクション:ユナイティア(現IMJ)で映像やデザインの経験を積み、 ポートフォリオサイトOTAS.TVの完成を機に2004年に渡米。Art CenterやOtisなどロサンゼルスにある美術大学にて海外のモーショングラフィックスについて学ぶ。 その後米国のプロダクションで経験を積み、2009年にモーショングラフィック界の大手Prologue Filmsに入社。

学生の頃から仕事をしたいと願っていたタイトルデザイン界の巨匠、カール・クーパーの下で「Iron Man 2」や「Tron Legacy」、「Battleship」、「Oblivion」などを含む 数々のハリウッド映画のタイトルシーケンスやVFX、TVCM、TV番組のタイトルアニメーション制作などに携わる。

2013年に日本に帰国後、主にモーションデザイナー、ディレクターとして活動し、VimeoでStaff pickに選ばれた 「The Moment of Beauty」の制作や4K 60Pの作品「Kendo」、ドイツのフランクフルトモーターショーの為に制作したAudiブース用の40KフルCGアニメーション、 ドラマ 「Heroes Reborn」のオープニングタイトル、浜崎あゆみ全国ツアー用CGアニメーション、映画「スター・トレック ビヨンド」のエンディングVFX制作など、 日本を拠点にしながらアメリカ、ヨーロッパ、アジア圏の映像制作に携わっている。そして2016年12月には新作のショートフィルム「Beyond the Moment of Beauty - Into the Galaxy」も公開。


 
 

緒方 達郎 / llcheesell

幼い頃にコンピューターとインターネットに出会い、それが人生に大きな影響をもたらした。
やがてグラフィックデザインに興味を持ち、独学でデザインやモーショングラフィックス、プログラム、Flashなどを学ぶ。

その後、映像制作を行うフリーランスとして8年間活動し、2013年に映像制作チームであるComposition Inc.を安井治次郎と共に設立。
世界中のコミュニティやアーティストを巻き込んで様々な活動を行うことを情熱としている。

写真、世界文化と旅行、そしてインターネットを愛している。

26日 講演者 | 26th LECTURER

株式会社カプコン 中井実

『特撮体感VR 大怪獣カプドン』『謎惑館~音の間に間に~』 『バイオハザード4 Wii edition』『鬼武者3』等でディレクターを担当。
SIGGRAPH 2015では世界初の実写ゲーム『Island』を発表し、現在はVRゲーム開発に邁進中。
ゲーム開発以外にも、水木一郎&田中公平の強力タッグ『バイオニック コマンドー』応援ソングや、『宝塚歌劇×逆転裁判』のコラボ等を手がける。

灰原とう

メディアワークス(現KADOKAWA)主催、第3回電撃コミックグランプリにおいて「Hi How are you today?」で優秀賞を受賞。
同社の季刊誌「電撃帝王」に読み切り漫画「イメイザーの美術」を掲載。同一のアイデアを元に、小学館ガガガ文庫よりライトノベル「イメイザーの美術」シリーズ①~③巻を執筆。
その後は活動の主軸をAfter Effectsによる映像制作へと移行し、自主制作作品「遊星からの変な種(^o^)」で、アスキー・メディアワークス主催第1回デジタルMANGA新人賞佳作を受賞。
Unreal Engine 4が無償化+成功報酬モデルとなってからは特にゲームエンジンを映像作品や教育へ活用することに関心をもち、 株式会社ヒストリア主催の第5回UE4ぷちコン(テーマAI)において「UE4コミック ロボットのモモ」で「新表現賞」を受賞。 続く第6回UE4ぷちコン(テーマ フライ)において「SPACE FLY 少女蠅の誕生」で「真茅賞」を受賞。
現在はUE4によるVR開発業務に携わりながら、クマムシ博士こと堀川大輝さんとともに宇宙生物学(アストロバイオロジー)をモチーフにした エデュテイメントアプリ(エンターテイメント×エデュケーション)をUE4で開発中。

しろ

埼玉県在住
2006年、シンフォニック=レインでイラストレイターデビュー
以降ソーシャルゲームやカードゲーム、ライトノベルのイラストなどを幅広く手がける。
2013年よりコミックアース・スターにてヤマノススメで漫画家でもデビュー
現在は連載2本のほかイラスト仕事や、講義やコラム執筆など幅広く活動中です。

GOROman(近藤義仁)

所属 株式会社エクシヴィ 代表取締役社長

幼少期にNEC PC-6001MkIIに出会い、プログラミングを会得。中学1年生からパソコン通信をはじめ、中学2年には自作ホストプログラムでSysopを務める。
ゲームプログラマとして大学を中退し上京。
PlayStaion1/2/Xbox等のコンシューマタイトル制作に関わり、描画エンジン・アニメーションエンジン等を開発。2012年Oculus Rift DK1に出会い、 自らVRコンテンツの開発を行いVR普及活動をはじめる。2010年株式会社エクシヴィを立ち上げ代表取締役社長となる。
並行して2014年からOculus Japan Teamを立ち上け、Oculus VR社の親会社であるFacebook Japan株式会社の社員になる。 国内パートナー向けに技術サポート、数多くの講演を行う。

現在はエクシヴィにてVRコンテンツ開発を行っている。個人でも”GOROman”として、VRコンテンツの開発、VRの普及活動を広く行っている。
代表作は Mikulus, Miku Miku Akushu,「初音ミク VR Special LIVE -ALIVE-」ロート デジアイ, DMM GAMES VR × 刀剣乱舞ONLINE 三日月宗近Ver.など多数。